メルカリで現金が販売される理由!クレカ支払いが違法で問題に?

こんにちは、ぶろじんです。

きょうの話題はメルカリの現金売買についてです。

メルカリってご存じの方も多いでしょうが、ネットオークションとフリーマーケットのサービスをおこなっていますよね。

そのメルカリで今、現金が売りに出されていると言うんです。

それも普通のお札!

えっ?何で?と思うかもしれませんが、私にもさっぱりわかりませんでした。

そこでその理由や違法性についても考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

メルカリで現金が販売される理由!

今までメルカリで取引されるものは衣類やアクセサリー、バッグなどの他に家具やバイク、自動車といったものまで扱っていました。

でもこれってヤフオクと同じような内容ですよね。

ところが最近ではお金の取引が始まっているんです。

取引というと大げさかもしれませんが、現金を販売しているとは知りませんでした。

現金といってもピン札じゃないんですよ。

当然折り目だってありますし、汚れもあります。でも本物のお金でどこでも使えるものです。

ただ、ここで気になるのは何のために現金を販売するの?ということです。

その理由ですが「現金」というのが重要なヒントになっています。

つまり世間にはこういう形でないと現金を手にできない環境の人がいるということです。

逆にその人たちは一体どんな人かというと、現金でない受けとったり、支払ったりできない人たちということになります。

現金でなければいけない人たちって…何か危険な香りがしませんか?

ではこのお金どうやって受け取るかといいますと、現金書留となっていますね。

ですから口座に入金できない人や入金されると困る人なども出てきそうです。

でも、そんな人にとっては有り難い話だと思います。

当然利益をとりますからそのままの金額ではなく、上乗せされていて損をするのを承知のはずですが、それでも取引をする人がいるんですね。

たとえば5万円を6万円で買ったり、20万円を24万円で買うといった具合です。

ずいぶんと高いような気がします。

怖い…。

スポンサーリンク

クレカ支払いが違法で問題に?

ではこの取引は違法ではないのか?ということになります。

お金の売買に関しては禁止されていないようですので、違法というわけではなさそうです。

実際のところ昔の古いお金とかも取引されています。

ですが現在使われているお金を売るなんていう発想がすごいですね。

ある意味感心してしまいますが、需要はあるんでしょうか?

やっぱり取引が成立するのですから、売っていると考えるのが普通かもしれませんね。

確かに日本全国で考えると、こういった取引の方が都合のいい人がいてもおかしくありません。

って、やっぱりおかしいような気が…。

それと支払いはクレジットカードというのが、どうも引っ掛かりますねぇ。

これってあの「カードでお金」というアレと同じじゃないんですか?

看板とか見た事がありますが、私には借りる勇気などありません。

というか借りる必要がないですけどね。(←今のところ?)

でも新しいカードを作って使い続けたら破産してしまいますけど、そこまでやっちゃう人はさすがに…やっぱりいます?

あと、カード会社にバレたら規約違反で使用が出来なくなる可能性もありそうです。

やっぱりこれ、このままもどうかと思うのは私だけでしょうか?

でもメルカリで販売許可はとれているようです。

なんかいや~な感じもします。

ヤフーは大丈夫なんですかね?

まとめ

今回はメルカリで現金が販売されている件についてでした。

お金って怖いですよね。

人を幸せにすることはもちろん不幸にすることだって簡単にできるんですから。

ましてや現金なんて手にするとどうしても使いたくなってしますのが人間の弱さだと思います。

私もムダ遣いが心配なので現金はあまりたくさん持ち歩きません。(って言うか無い!)

いつも心がけているのは「ある時の倹約、無い時の辛抱」です。大切なお金ですから有意義に使いたいと思っています。

スポンサーリンク 記事下
スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする