Dr.涼(藤崎涼)のプロフィールと経歴!激辛マーボにハマった理由とは?

こんにちは、ぶろじんです。

今日の話題はDr.涼こと藤崎涼さんついてです。

名前からしてどこかの病院の先生か博士なのかな?と思ったのですが、ドラマーをされている方なんですね。

噂では激辛料理が大好きという藤崎さんですが、きっかけやハマった理由は何だったのでしょうか?

また、プロフィールや経歴についても調べてみましたので見ていきましょう。

スポンサーリンク

Dr.涼(藤崎涼)のプロフィールと経歴

名前  :Dr.涼(ドラマー りょう)

別名  :藤崎涼(ふじさき りょう)

誕生日 :11月31日

出身地 :東京都江戸川区

血液型 :O型

身長  :173㎝(公称)

所属  :オフィス・ダウンアップビート


引用元:http://yamahaartblog.lekumo.biz/backstage/2012/10/2012-c786.html

藤崎涼さんが音楽を始めたのは13歳の時で、この頃はフレンチホルンをやっていたそうです。

ところが14歳になってハードロックと出会ってからはドラマーに転向。

目指していた音大進学もあっさりと諦めてしまったのですから、相当インパクトが強かったということでしょう。

そして16歳の時にはハードロックバンドJUSTICEのドラマーを務めるほどになっていました。

そんな中、高校はわずか1年で退学してしまいます。

藤崎さんは自主卒業と言っていますが、確かにそういう言い方も…有りです。(笑)

それにしても、プロのドラマーとして活動開始したのは17歳の時だそうですから、ずいぶんと早かったんですね。

才能があったからこそ出来たんでしょうが凄いですよ、これは。

その後21歳を過ぎてからは渡米してセッション活動もおこなっています。

また、帰国後は多くのアーティストとのライブやツアーにも参加しました。

2005年7月からは野口五郎さんがプロデューサーとして参加したバンド「Welsh Blues CP」でも活躍しています。

2016年には「ワケあり!レッドゾーン」に出演するなどの他、現在は音楽プロデューサーや作詞作曲まで手掛けています。

スポンサーリンク

激辛マーボにハマった理由とは?

自称「激辛ドラマー涼」の藤崎涼さんの辛いもの好きは相当なようですね。

ブログやツイッターを見ていると激辛料理の写真が良く出てきます。特に麻婆豆腐に関してはなかなかうるさいみたいですよ。

十年以上も前に、本場四川の麻婆豆腐の素で作った麻婆豆腐を食べてから、四川風麻婆豆腐にハマってしまったそうです。

それがきっかけとなって1000店以上も食べ歩いたり、自分で作ったりするようになったと言います。

そして麻婆豆腐は「快感を感じさせてくれる」ともおっしゃっています。

えっ、快感…ですか?

マーボを食べると気持ちよくなれるなんて、そりゃ止められないのも当然というものです。

私も是非そうなってみたいのですが、残念ながら今のところは快感までには至っていません。

もしかしてビリビリするほど痺れるんですかね?

そんな藤崎さんのツイッターからお借りしたした写真がこちら。

コメントに「これじゃない」とありますが、何か違うんですかね。

味が違ったのかも…。

こちらなら十分過ぎるほど辛いと思いますが…。

これでもないのでしょうか?

実は麻婆豆腐には麻味(マーウェイ)、辣味(ラーウェイ)といって、花椒の痺れる辛さと唐辛子のピリピリした辛さがあるんですね。

この両方があってこそ四川料理は美味しくなる…な~んて偉そうに言ってますが、実はさっき知りました。(笑)

でもきっと、このどちらかが足りないってことではないでしょうかね。

まとめ

今回はドラマーのDr.涼こと藤崎涼さんについてでした。

あなたは辛い料理は好きですか?

私は大好きなんですが、藤崎さんほどの激辛は耐えられないかもしれません。

ましてやあの世界一辛いと言われたザ・ソースを使ったカレーを食べたなんて信じ難いです。(怖)

でも食べた後は病院に直行だったようですけどね。(←強烈過ぎます)

それを考えると、やっぱり料理は適度な辛さで味わうのが一番ってことでしょうか。

スポンサーリンク 記事下
スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする