芸人ライス関町と田所の経歴と出身大学!オススメのネタも紹介

12ed6dc8c8889f45029852173915c5a2_s

お笑いコンビのライス、今とっても人気ですよね。

その彼らの経歴がちょっと変わっていたりします。

漫才やコントをやっている芸人さんには個性的な方が多いように思えますが、今気になるのはやはりこの二人でしょう。

その人気のコンビついて”ちょっと知りたい”をまとめてみました

またオススメのネタについても紹介しますね。

スポンサーリンク

気になるライスの経歴とネタ

ライスの二人の名前は

関町知弘(せきまち ともひろ)さん

そして

田所仁(たどころ じん)さん

です。

二人は高校の同級生ということで、卒業を期にコンビを結成して今日にいたりますが、最初に所属したのは、あのホリプロなんだそうです。

そう深田恭子さんや妻夫木聡さんなどの他にもお笑い界ではスピードワゴン、バナナマンといった方たちが所属する大きな芸能事務所なんです。

ですが、進学のために活動を断念していたんですね。

大学進学

そして二人は東海大学へ進学しました。

でも諦めきれなかった彼らは、ここで吉本のオーディションを受け吉本総合芸能学院(NSC)に入学することになりました。

さらにお笑い界で活躍するために、大学を中退してしまったのです。

なんとも気合いが入っていたんですね。

傍からみるともったいないと思ってしまいがちですが、彼らにとってはそれほどまでに大切な道だったのでしょう。

そこまでできると何か尊敬してしまいます。

そしてテレビの世界へ

ライスというコンビが一躍有名になったのは”エンタの神様”ではないでしょうか?

吉本総合芸能学院では完成されたネタ作りで、選抜コースで学んでしました。

この選抜コースというのは指導内容も優遇されていて、まさに少数精鋭の優秀な人たちの集まりだったのです。

それほどまでに才能をもった彼らが、テレビのお笑い番組で人気が出ないわけがありません。

たちまち人気者となってしまいました。

オススメのネタ紹介

彼らのネタはたくさんありますが、あなたは何が好きですか?

私のオススメはやはりバナナネタです。

コントの中に出てくる小道具がバナナだけなんです。

おちがわかっていても、ついつい笑ってしまいます。

他にも二人の刑事のネタや入れ代りの話なんかもおもしろいですね。

スポンサーリンク

キングオブコント優勝そして今後へ

そんなこんなでここまで続けてきた彼ら”ライス”ですが、今年行われたキングオブコント2016の予選に勝ち残りました。

そして決勝ではついに頂点を極め、グランプリを獲得したのです。

今大会ですがエントリーは全部で2510組も出場しており、その中でトップになりました。

このエントリー数って、ものすごい数ですよね。

こんなに大勢が参加する大会で優勝するなんて、並大抵の努力ではなかったと思います。

そんな彼らを見ていて、優勝したときには感動を覚えるくらいでした。

そう感動です・・・。

この大会は、彼らがさらに大きく飛躍するきっかけになったことは間違いありません。

今後はますます活躍して、きっと私たちを笑わせてくれることでしょう。

まとめ

ライスは吉本総合芸能学院(NSC)で学び2003年から活動をおこなって今日に至ります。

プライベートでも、とても仲の良い二人のようで、コンビが上手くいっている理由がここにありそうですね。

よく解散してしまう方もいますが、今の彼らには想像もつかないことでしょう。

これからも10年、20年と長く続けてほしいと願っています。

NHKのEテレ『バリバラ』で出演者の皆さんが着ていたTシャツではありませんが、笑いは地球を救うって本当ではないでしょうか?

バリバラはこちらからご覧ください

そしてハッピーな気分にしてくれるのも笑いです。

ライスのお二人がもっと活躍して、多くの人を幸せな気分にしてくれればいいなぁと思っています。

スポンサーリンク 記事下
スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする