上白石萌歌のライバルは姉の萌音?可愛い高校生の性格や演技力は?

上白石萌歌さんは現在、女優やファッションモデル、そして歌手としても活躍中の女性です。

この名前、一度聞いたら忘れないインパクトがありますよね。

でも私には覚えるのが大変(おいおい!)

彼女にはお姉さんがいて同じく芸能界で仕事をされています。

よく姉妹で比較されているようですが、本人はどう思っているのでしょうか?

けっこう意識し合っていたりして・・・。

そんな上白石萌歌さんについて調べてみましたので紹介します。

スポンサーリンク

上白石萌歌のプロフィール

名前   : 上白石萌歌(かみしらいし もか)

生年月日 : 2000年2月28日

出身   : 鹿児島県鹿児島市

身長   : 161cm

血液型  : A型

趣味   : 歌うこと、踊ること、詩を書く、サイクリング

2011年の第7回「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリを受賞して芸能界入りしました。

同じ2011年に2011年 ファッション雑誌の「ピチレモン」でモデルデビューしています。

そして2012年にはテレビドラマの「分身」で女優としてデビュー、さらには2015年に「ス・マ・イ・ル」でCDデビューをして歌手としても活動を開始しました。

その他にミュージカルの舞台もおこなうなど幅広く活躍していいます。

姉の萌音とはライバル?

上白石萌歌さんには2歳違いのお姉さんがいます。

そう上白石萌音さんですね。

お姉さんも多彩な才能を発揮して女優だけでなく声優、歌手としても活躍しています。

この二人は同じ事務所である東宝芸能に所属していて、周りからも比較される事が多いと思うのですが、実際にライバル意識はあるんでしょうか?

実は彼女、お姉さんに対してライバル宣言していたんです。

それはミュージカル「赤毛のアン」で主役を演じるときの就任式で、はっきりと姉の萌音さんは「ライバル」であると言い切っています。

それと同時にお姉さんに対してはリスペクトしているようで、「誇りに思う」とも語っています。

以前に萌音さんが同じミュージカルの主役を勤めた時の「悔しさ」と、今度は自分が主役を務めることができる「喜び」の両方があったのだと思います。

でもこのライバル宣言ってとてもさわやかですね。

姉を立てるところは立派だと思います。

スポンサーリンク

上白石萌歌の性格や演技力

上白石萌歌さんの性格は負けず嫌いなのかなって思いました。

それは身近にいるお姉さんに対してのライバル宣言がそのものが、彼女の性格をあらわしている気がします。

反面、相手に対して尊敬のあらわすことができるのも、「赤毛のアン」を自分らしく演じたいと言えるのも、考えがしっかりしているんでしょうね。

そして気になる演技力ですが、ミュージカルの主役を務めることができるというのが実力のある証だと思います。

ミュージカルの難しいところは、生で演じなければいけない上に、やり直しができないところです。

その上お客さんに直接感動を与えなければいけないので、実力のない人には絶対にできませんね。

それも以前にお姉さんが演じた役を、今度は自分で務めるわけですからすごいです。

まとめ

上白石萌歌さんを見てきて、ただただ関心するばかりです。

これって生まれ持った才能なんでしょうか?

そうだとすると年齢とかあまり関係ないですね。

ってことはもしかして私にもチャンスがある?(←無い無い)

そっ、そうですよね、ごめんなさい。

彼女のすごさは誰かと比較するのではなく、自分らしく演じようとする点で、これってとても大切です。

回りに流されやすい世の中ですが、自分らしい生き方をしたいのものですね。

→上白石萌音さんの情報はこちら

スポンサーリンク 記事下
スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする