プールで肌荒れが起きる原因とは何?簡単にできる対策とケアを紹介!

こんにちは、ぶろじんです。

今日の話題はプールで起こる肌荒れについてです。

昔はプールと言えば「夏」でしたよね。

でも今では一年を通して泳げる環境が整っています。同時に健康のために水泳をされる方も随分と増えました。

芸能人では吉永小百合さんが有名ですよね。

相武紗季さんも特技が水泳と言いますが、泳いだ後のケアにも気を使っていると思います。

では何が原因でどんな対策やケアが必要になるのか、早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

プールで肌荒れが起きる原因とは何?

プールで泳いだあとに肌がざらついたりして荒れていることってありませんか?

この原因は消毒のために使われている塩素によるものです。

塩素の働きは水中のウィルスや細菌を死滅してくれます。そうする事によって病気が伝染するのを防いでくれています。

ということは結構な量の塩素が入っているのだろうと思っていましたが、実際にはそうでもありませんでした

その塩素の濃さなんですが、このようになっていました。

プール水と水道水には、ほぼ同じ量の「塩素」(カルキ)が含まれています。

引用元:http://www.city.tokyonakano.lg.jp/dept/475000/
d001738.html

これを見ると何となく安心できますよね。

でも、もし塩素が入っていなかったらプール熱やはやり目などのウィルス性の病気になることがあります。

私も子供の頃には中耳炎になったことがあるのですが、これは細菌性の病気で経験された方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本来、人間の肌はバリアの機能も備わっているのですが、塩素によってその効果が低下してしまいます。

さらに肌だけでなく髪や目にも影響が及ぶことがあります。

プールを清潔に保つための塩素ですが、逆に私たちの体を痛めてしまうことがあるなんて皮肉なものです。

だからといって、泳ぐことをやめるなんて勿体無いと思いませんか?

そこでその対策やケアについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

簡単にできる対策とケアを紹介

まず髪や目、そして肌は保護しておきたいものです。

泳ぐ前には、キャップをつける事はもちろんですが、ゴーグルも必ず使いましょう。

肌対策には保護クリームを塗るのも良い対策だと思います。

ただ肌の対策というのはちょっと注意が必要かもしれませんので、事前に確認した方が良いでしょう。

というのもプールによっては、肌を保護するためのクリームなどが禁止で使えないからです。

後で怒られてもイヤですからね。

使用OKだったら、こんな商品を試してみてはいかがですか?

   ↓↓↓

アースブルー(EARTH BLUE) プロテクト Protect S1 60ml 皮膚保護クリーム USP-89261 【スキンケア 長時間競技 マラソン 自転車 摩擦軽減】

後は泳いだ後のケアも必要です。

最も大切なのは塩素をしっかりと洗い流すことです。まず泳ぎ終わったらすぐにシャワーを使いましょう。

出来ればその際にシャンプーや石けんを使って、”優しく”洗ってくださいね。

傷み易くなっているので、ゴシゴシと擦ってはいけませんよ。

手でいたわるように洗いましょう。

もし施設でシャンプーや石けんが使用できないようでしたら、シャワーだけは必ず済ませて家でお風呂に入りましょう。

女性の場合は水泳後に化粧をしたいところかも知れませんが、ここは少し控えた方が良さそうです。

化粧水やローションで肌を整える程度にしておきます。ただし肌が敏感になっているようなので気を付けてください。

まとめ

今回はプールで起こる肌荒れについてでした。

そういえばもう随分と長いこと泳いでいません。

たぶん5年以上ですから、今泳ぐとなると息が苦しくて50メートルなんてダメかも。

それに暫く水に慣れていないので、ちょっと怖いような…。

何かこどもみたいですね。(笑)

あなたも泳ぐ機会があったら、まずは体を慣らすことを優先させましょう。それから好きなだけ泳げば良いのですから。

スポンサーリンク 記事下
スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする