スマホが指紋認証されない時の原因と対策!登録トラブルの対処法も

こんにちは、ぶろじんです。

今日の話題はスマホの指紋認証についてです。

最近は個人を特定するために指紋を使うことが多くなりました。

例えば入室の際にドアロックを解除したり、コンピューターやスマホのセキュリティーにも使われています。

タイムカードの代わりに退勤時間の管理をしていたりする会社もあります。きっと過去にずるいことをした人もいるんでしょうね。

これってとても便利で簡単な方法ですがトラブルもあったりします。そこでスマホ中心ですが原因や対処方法についてまとめてみました。

もちろん他でも応用がきくと思いますので参考にしてください。

スポンサーリンク

指紋認証できない・されない時の原因と対策とは?

指紋認証は人それぞれ違った指紋をもっている事を利用したものですが、たまには”認証拒否”なんていうこともあったします。

そんなときどうしていますか?

何回もやり直したりして、ついイラッとすることがあったりしませんか?

ではなぜ認証されない場合があるのでしょう。

原因として考えられるのは、

  • 指が汚れている
  • 指紋が消えている
  • ケガをしている
  • 指が冷えている
  • 指が乾燥している
  • スキャン部分が汚れている

などホントに単純な理由が多いです。

ではそんなときの対処方法として何をしたら良いでしょう。

指が汚れている場合

よくあることですが指の汚れって意外とあるもので皮脂が多かったり、濡れていたりしてもエラーの原因になります。

またクリームを使っている場合にも認証されないことがあります。

こんなときはきれいに洗ったり、拭き取ってしまいましょう。

指紋が消えていたり、ケガをしている場合

指が擦れたり薬品を使ったりして、指紋が薄い、消えている人もいるでしょう。

でも心配はいりません。しばらくすれば指紋は再生されて元通りになります。消える事はないんです。

ですから元に戻るまで待つしかありませんね。

ケガをしている時も同様です。

指が乾燥したり、冷えている場合

反対に冬場などで乾燥している場合には、カサカサしていますので一度ぬらしたあとに拭き取ってからもう一度やってみましょう。

近くに”水がない”ときもありますが、そんなときは指に暖かい湿り気のある息を吹きかけてやると効果的です。ちょうど窓ガラスを曇らせる感じです。

舐めちゃってもいいんですが、ちょっと…かもしれませんね。

冷たくなった指は温めてあげると認証されやすくなります。

スキャン部が汚れている場合

スキャン部分はきれいにふき取っておきます。タッチ面の汚れがないようにしておきましょう。

ガラス面に貼ったフィルムやホームボタンシールが原因になっている可能性も考えられ、キズや汚れがスキャンの邪魔をすることがあります。

その他

ここまでやってもダメな場合にはいったん電源を切ってから、入れ直すと良くなることがあります。

また本体の故障も考えられますから、サポートに連絡をしてみましょう。適切な指示をしてくれるはずです。

もしかしたら単純な操作ミスかもしれませんしね。

それとこれは基本ですが、登録する指紋は必ず複数登録しておきましょう。

スポンサーリンク

指紋認証で登録トラブルの対処方法

指紋認証では登録のときにトラブルが起きることがあります。

登録できない場合には本体の故障も考えられますが1つずつ確認していきましょう。

まずは電源を入れ直してみましょう。リスタートさせることで正常に登録ができるようになる場合があります。

それでもダメなときはリセットしてみるとよいでしょう。

またバックアップから開いてあげると復元できることもあります。

これらを実行してみても本体に原因があるかもしれませんからショップで修理依頼を…。

???ちょっと待ってください。

こんな時はサポートで聞いてみるんでしたね

分からないことがあったら早めに質問するのが良いですよ。

もしかしたら”なぁんだ、こんなことだったのか”と思うくらい簡単ことだったりします。

少しややこしい設定があるかもしれませんが指示通りにやってみましょう。今まで知らなかった裏技的なやり方を教えてくれることもあります。

一度覚えてしまえば、もしもまた同じ現象になったら今度は自分でできるかもしれませんからね。

でも私と同じように忘れっぽい人はちゃんとメモしておきましょう。

まとめ

今回はスマホの指紋認証についてでした。

いやぁ、携帯電話ってずいぶんと変わりましたね。

昔はあのでっかい”牛乳パック”みたいなやつを使っていたなんて、今から考えると信じられません。

特にここ数年のスマートフォンの進化には驚かされます。今では普通に指紋認証ですからね。

でも世の中には悪い人もいるそうで、他人の携帯にもアクセスすることがあるらしいです。

まぁ、そんなことはめったにないと思いますが、大切なものは自分でしっかりと守ることを忘れないでほしいと思います。

過信は禁物ですから、気を付けてくださいね。

スポンサーリンク 記事下
スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする