スズキ新GSX250Rの価格やスペックは?ライバル車と比較してみた

こんにちは、ぶろじんです。

今日の話題はスズキ新GSX250Rが発売になるというものです。

いよいよ2017年モデルが4月に発売となりますが、どんなバイクに仕上がっているのでしょうか?

待ち望んでいた方もいらっしゃるかもしれませんね。

発表された今となっては私たちの期待に応えてくれることを願るのみです。

早速みていきたいと思います。

スポンサーリンク

スズキ新GSX250Rの価格やスペック!

まずは価格から見ていきましょう。

消費税込み価格が52万7040円となっています。

同様にカウルのついたGSR250Fより1万3千円ほど高くなっています。

そしてスペックですが下記のようになっています。

  • 全長 / 全幅 /:全高 2,085 mm / 740 mm / 1,110 mm
  • シート高:790 mm
  • 装備重量:178 kg
  • 最小回転半径:2.9 m
  • エンジン型式 :水冷・4サイクル・2気筒 / SOHC・2バルブ
  • 総排気量:248cc
  • 最高出力:18 kW〈24 PS〉/ 8,000 rpm
  • 最大トルク:22 N・m〈2.2 kgf・m〉/6,500 rpm
  • 燃料供給装置:フューエルインジェクションシステム
  • 始動方式:セルフ式
  • 燃料タンク容量:15 L
  • 変速機形式 :常時噛合式6段リターン
  • フレーム形式:セミダブルクレードル
  • ブレーキ形式:(前 / 後) 油圧式シングルディスク / 油圧式シングルディスク
  • タイヤサイズ:(前 / 後) 110/80-17M/C 57H / 140/70-17M/C 66H

http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/gsx250rl7/specより抜粋

GSR250Fと比較してみるとエンジンの特性がより低速型となっており、ツーリングや街乗りを重視したモデルとなっていますね。

ということはゆっくりと走りたい人には乗りやすいのかもしれません。

では足つき性はどうでしょうか?

シート高が790㎜とGSR250Fより10㎜高いのですが、実際にまたがってみて確認することを強くお勧めします。

足つき性はシートの形状やバイクのデザインにも左右されることがあります。

燃費についても良好のようで15リットルある燃料タンクに満タンにすると、500㎞程度走ることが可能になったそうです。

30km/ℓくらい走るとなると、これもありがたいですね。

確か大型車のV-○○○などは大変なようですが、オーナーの皆さんはどうされているのか気になります。

やっぱりしょっちゅう給油でしょうか?ツーリングの時にはちょっと辛そうです。

ところでスズキの発表を見ていると「カッコ良さ」を意識して開発されたモデルのようで、コメントにもこうありました。

見て分かるとおり、デザインも重視して開発しています。いま、バイクはひと目見てカッコイイと思っていただけなければ、みなさんのショッピングリストに入れていただけません。

なるほど、なるほど。

ではその外観を見てみましょう。

色はブルー、レッド、ブラックの3色が用意されています。

  • クリスタルブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト
  • キャンディーカーディナルレッド/パールネブラ
  • パールネブラーブラック


引用元:http://response.jp/article/img/2017/01/23/288987/1142860.html

引用元:https://news.webike.net/2017/01/20/83757/

ハンドル、メーター

上からの写真をみるとハンドルはセパレートタイプで、メーターは液晶タイプとなっています。

個人的な好みが入ってますが、このタイプのバイクにはやっぱりセパハンですよね。

あとメーターは好みが分かれるところかもしれません。

中にはアナログ派の方もいらっしゃると思いますが…。


引用元:https://news.webike.net/2017/01/20/83757/

ヘッドライト

ヘッドライトの両側にはポジションランプがついています。

なかなかカッコいいライトですね。

ここも”カッコ良さ”にこだわった部分でしょうね、きっと。


引用元:https://news.webike.net/2017/01/20/83757/

テール

テールはスッキリしており、とがった感じになっています。

スリムで切れのあるデザインといえそうです。


引用元:https://news.webike.net/2017/01/20/83757/

スポンサーリンク

ライバル車と比較した結果

ここでライバルとなるバイクと比較してみたいと思います。

どの車種がライバル?になるかというと、

  • ホンダCBR250RR
  • カワサキNinja250
  • ヤマハYZF-R25 

といったところが対象になるかと思います。

基本的には全車種ともにエンジンは4ストロークの2気筒になっています。

ここでは一番気になる外観、価格、馬力、重量をピックアップして比較してみました。

購入を検討しているときの参考になれば幸いです。

レビューなども良く見ておきましょう。

でも最後は実物を見て触って、できたら乗ってみてくださいね。それから決めても全然遅くはありません。

1 外観の違い

スズキ GSX250R

スズキ GSX250R
引用元:http://www.underpowermotors.com/entry/2016/11/13/004550

ホンダ CBR250RR


引用元:http://www.bikeandmotor.com/bigbike/honda-cbr250rr/

カワサキ Ninja250


引用元:http://forride.jp/motorcycle/ninja-250-2017

ヤマハ YZF-R25    


引用元:http://news.bikebros.co.jp/model/news20141104-06/

2 価格の比較

  • スズキ GSX250R   :52万7,040円
  • ホンダ CBR250RR :70万円~(見込み価格)
  • カワサキ Ninja250 :55万3,500円
  • ヤマハ YZF-R25    :55万6,200円

3 最高出力/トルクの比較(エンジン:4ストローク2気筒)

  • スズキ GSX250R   :24PS / 22Nm
  • ホンダ CBR250RR :38.7PS / 23.3Nm 
  • カワサキ Ninja250 :31PS / 21Nm
  • ヤマハ YZF-R25    :36PS / 22.6Nm 

4 車両重量の比較

  • スズキ GSX250R   :178㎏
  • ホンダ CBR250RR :165㎏
  • カワサキ Ninja250 :172㎏
  • ヤマハ YZF-R25    :166㎏

比較していて思ったのですが馬力が上がると価格も高くなるんでしょうか?

まさか”1馬力あたり○○円”なんて計算式があったりして。

また馬力が下がると重量が増えていますが…。

う~ん、何か気になるなぁこの関係。

ところでカッコいいバイクを買ったらカッコいいウェアを着たいですね。

こんな感じでオールシーズン着れるのも結構便利かもしれません。

まとめ

今回はスズキ新GSX250Rについてでした。

なかなかいいですね、新型。

新しいバイクが出るとなぜか気持が高ぶることがあります。バイク好きの血が騒ぐのかもしれません。

できたら試乗したいなぁと思っているのですが、現実になそんな機会があまりないんですよね。

1年中乗っていたい人間ですから、ずっと見ているとムズムズしてきます。

すでに新型の購入を考えている方もいらっしゃるかと思いますが、くれぐれも安全運転で楽しんでほしいと思います。

スポンサーリンク 記事下
スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする