修復歴のある事故車を買うのはダメ!?素人が手を出してはいけない理由

こんにちは、ぶろじんです。

今日の話題は修復歴のある事故車についてです。

老若男女問わず、車好きの方って多いですよね。それぞれ好みは違うと思いますが、愛車を大切にされている方がほとんどだと思います。

でも長く乗っていると「そろそろ買い替えようかなぁ」と次の車を探していたりしませんか?

新車なら問題ないのですが、中古車で気を付けて欲しいのが事故車の存在です。意外とあるんですよね修復歴のある車って。

そこで事故車は本当に買ってはいけないのか?そしてどんな点に中止すべきかについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

修復歴のある事故車を買うのはダメ!?

本当に修復歴のある車って買ってはいかないのでしょうか?

答えはNoです。

では安心なのか?となると必ずしもそうではありません。

それは何故かとなるんですが、修理の内容や仕上がりの程度がどうなっているかが分からないからです。

つまり見た目だけでちゃんと直っているかの判断をするのが難しいのと、将来どんな問題が起きるのか予想がつかないことにあります。

中古自動車業界には良心的な業者さんもいるのも事実ですが、私たちの想像以上のことがおこなわれていたりします。

それが”おこし”と呼ばれる車両の販売になります。

廃車になるようなひどい状態でも修理して走れるようにした車を売るのです。保険でも費用を補いきれないような車も直しており、その仕上がりがどうなのかは疑問です。

それに利益を上げることが最優先ですから、赤字になるような真似は絶対にしないでしょう。

こうして一握りの業者(たぶん)によって、質の悪い修理がおこなわれた車が平然と売られています。

中には”ニコイチ”といって2台の良いところを使って1台にした車もあるのですが、これで驚いていてはいけません。実際にはそれ以上のサンコイチなんてスゴイ車だって存在しているのです。

これらの事を考えると絶対に勝ってはいけない車ではないのですが、買わない方が無難ということになりますね。

スポンサーリンク

素人が手を出してはいけない理由

ではなぜ素人が手を出してはいけないのでしょうか?

それはどこをどう直したのか見極められないからです。もちろんあなたが「見る目」を持っていたとすれば何の問題もありません。

ですが、いつ・どこで・どんな問題があるのかなんて誰にもわかりません。

ましてや大きな事故でどんな風に直したか分からない車を買うなんて勇気が必要で、私にはとてもできません。(怖)

明らかに”ココ!”とわかっていれば少しは安心できるのですが、実際にはそれすら分からない状況ではないでしょうか。

きっと何社も回って試乗をおこない、常な状態の車と比べて見ないといけないでしょうね。

それに本当の意味での比較がわずか数分の試乗でわかるかも疑問です。

また、一般の中古車との最大の違いは、事故車は破損によってかならず修理していると言うことです。

そこには見に見えない、修正しきれなかった箇所が残っている可能性だってあります。それを見抜けない限りは素人である証拠ですし、手を出してはいけないのです。

まとめ

今回は修復歴のある事故車についてでした。

私の知り合いで事故によって車が大破した人がいます。写真をみましたが無残な車になっていました。

でもそれを修理したんです。たまたま運転する機会があったのですが、「何コレ?」状態でした。

ハンドルをきればギーギー音がして、乗り心地は硬くでちょっとした段差でもピョンピョン跳ねてました。(笑)

必ずしもこうなるとは限りませんが、修復歴のある事故車は要注意ですよ。

スポンサーリンク 記事下
スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする