藤田菜七子騎手のプロフィールや彼氏は?レースの成績や年収も調べた

こんにちは、ぶろじんです。

今日の話題は日本中央競馬会(JRA)の藤田菜七子騎手についてです。

JRAでは16年ぶりとなる女性騎手で、とても注目されています。

そうはいっても、女性騎手は藤田さんで7人目といいますからまだまだ少ないんですね。

今年20歳になるという藤田さんの今後が楽しみなのですが、一体どんな方なんでしょうか?

彼氏は?年収は?そしてtレースの成績から年収まで気になることを調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

藤田菜七子騎手のプロフィールや彼氏は?

名前  :藤田菜七子(ふじた ななこ)

生年月日:1997年8月9日

出身地 :茨城県北相馬郡守谷町

血液型 :A型

身長  :157.4㎝

体重  :45.6㎏

好物  :肉、スイーツ

趣味  :読書

所属  :根本厩舎

てい鉄付きの絵馬に必勝祈願した藤田菜七子騎手(撮影・酒井清司)
引用元:http://p.nikkansports.com/goku-uma/news/article.zpl?topic_id=3&id=1624540&year=2016&month=3&day=31

藤田菜七子さんは競馬とは全く関係のない家庭で生まれました。

競馬との出会いは小学校6年生位のときにテレビで見た競馬中継だったそうです。

このときに「かっこいい」と思ったのがきっかけとなり、乗馬を始め騎手を目指すことになりました。

守谷市立けやき台中学校を卒業すると、2013年にはJRA競馬学校の騎手課程第32期生として入学します。

女性なので事後や怪我が心配になるのですが家族にも反対されなかったそうで、逆に「頑張ってみれば」という感じだったとか。

競馬学校では落馬することもあったそうですが、実習は楽しくで仕方なかったと言います。よほど乗馬が好きだったんでしょうね。

ちなみに小学校から中学校まで空手と剣道を習っていたそうで、その実力は共に有段なんだそうですよ。

その後2016年3月3日には、騎手としてデビューを果たすことになりますが、このときはまだ18歳でした。

そして4月10日にはJRAで待望の初勝利を挙げることになります。2番人気だったサニーデイズに騎乗してのことです。

そんな藤田菜七子さんも年頃の女性ですから、恋愛にも興味があるのではないでしょうか。

だとすれば彼氏がいてもおかしくありませんよね。

そう思ったのですが、彼氏がいるという情報は出てきませんでした。

競馬学校での3年間は寮で過ごしたためか、そんな時間や余裕はなかったのではないでしょうか。

日曜日だけは外出が許可されたようですが、恋愛までできなかったのかも…。

スポンサーリンク

レースの成績や年収も調べた

さて藤田菜七子さんのレースでの成績を調べてみました

デビューした2016年には6勝しており、今年は既に7勝となっています。

これまでの成績は騎乗471回で13勝(2017年6月26日現在)を挙げています。

  • 1着 : 13回
  • 2着 : 15回
  • 3着 : 9回
  • 4着 : 21回
  • 5着 : 24回

藤田さんの2016年からの勝率は0.028となっていますので、数字的には決して高いとは言えません。

JRAで歴代の高勝率の旗手といえば、岡部幸雄さんや武豊さんがずば抜けており一時代を築きました。

その当時は常勝とも言える勢いで、勝率も0.2前後~0.3弱とスゴイ成績を残しています。

ですが今年の藤田さんは昨年の成績を上回っており、今後の活躍次第では勝率も上がってくると思います。

実力が全ての世界ですから、もっと良い成をおさめないと騎乗の機会が減ってしまうことも考えられます。

まだまだこれからとはいえ頑張ってもらいたいですね。

では藤田さんの年収ですがどれくらいあるのでしょうか?

JRAの騎手の平均年収は1000万円と言われています。

とはいえデビューから2年目の騎手ですので、そんなに多くないのかもと思っていたのですが、1800万円という情報もありました。

現実には2016年の獲得賞金が1億923万円ありますので、これの5%を受け取れますのでこれだけで546万円。

さらにレース毎に出走手当と奨励手当があり、その金額が4万円~8万円のようですから騎乗回数164回をかけると、仮に1レース4万円としても656万円になります。

これらで1200万円ほどになりますから、高年収には違いありませんね。

さらに所属しているホリプロで芸能活動をしたとすれば、その収入もプラスされます。

ただ私たちが思っている以上に競馬には危険がともいますし、体調の管理もしっかりおこなわないといけません。

これらを考えるとどうなんでしょうかねぇ。

体重についてはあまり心配いらないと思いますが…。

まとめ

今回は日本中央競馬会(JRA)の藤田菜七子騎手についてでした。

最初は女性騎手ということで話題が先行していた感もあるのですが、勝星をあげていくことで見方も変わってきたではないでしょうか。

男性ばかりの世界に入って肉体的にも大変な面がありますが、しっかりと身体を鍛えていって欲しいと思います。

本人もおっしゃっていましたが、筋肉も鍛える必要はあるでしょうね。

騎手としての人生は始まったばかりですが、どんどん活躍されて5年後、10年後にはトップにいることを期待したいものです。

スポンサーリンク 記事下
スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする