靴職人花田優一の経歴と妹や彼女は?店の名前や値段と注文方法も調べた  

こんにちは、ぶろじんです。

今日の話題は靴職人の花田優一さんについてです。

もうお分かりのよう相撲の貴乃花親方の息子さんですね。

横綱であった父親を見て育った花田さんですが、相撲とは関係のない職人の世界で活躍しています。

イケメンと評判になっているので彼女はいるのか、また靴のオーダーの方法はどうなのかなど調べてみました。

最期までお付き合いください。

スポンサーリンク

靴職人花田優一の経歴と妹や彼女は?

名前  :花田優一(はなだ ゆういち)

生年月日:1995年9月27日

出身地 :東京都

髪の毛切りたいけど、寒い。

#yuichihanada #craftsman #shoes #japanese #shorthair #butcold #cold #haircut
引用元:http://www.pictaram.com/media/1204190510296748402_2175652195

花田さんは貴乃花親方と元フジテレアナウンサーの河野景子さんの長男になります。

15歳で単身アメリカに留学したそうですが、若くして思い切った決断をされたものです。

もともと自立心が強い方だったのかもしれませんね。

確かに小さい頃から“お相撲さんにならなくちゃなんて思わなくていいのよ”と言って育てていました。

そのせいか学生の時はバスケットをしていたようですから、きっと相撲とは無縁と言える毎日を送ってきたのだと思います。

その後、イタリアのフィレンツェに渡り靴職人になるために修行をしています。

それにしても貴乃花親方やおかみさんの景子さんがよく許してくれましたね。

きっと、お二人は角界で大変な苦労をされてきたので、子供が力士になって苦労をするのを望まなかったのでしょう。

だからこそ、靴職人になるという考えを聞いたときに、こうして送り出したんだと思います。

狭い日本で学歴にこだわるより、若いうちから海外に出て手に職を持つほうが今の時代に合っている。学歴なんて意味ない。サヨナラね”と長男を後押しした

そんな花田さんには妹さんが二人おり、長女の晏佳さんはバスケットボールで次女の晃帆さんはバレエをやっているそうです。

皆さん相撲とはほとんど…と言うか全然関わりがないんですね。

まぁ、娘さんはあまり縁がない世界ではありますが。

そんな花田さんも立派な社会人となっていますので、そろそろ彼女の噂があってもおかしくないと思います。

ただ一般の方ですので、そのあたりの情報はホント少ないです。

ですがイケメンと噂になっていますので、女性にはモテるんじゃないかとみています。

もしかしたらイタリアの美女がお相手かもしれませんね。

スポンサーリンク

お店の場所や値段と注文方法も調べた 

では花田優一さんのお店はどこにあるんでしょうか?

と言いますか、正確にはお店ではなくて工房のようですね。

見つけた!と思ったALMONIさんはどうやら違うみたいで、鍼灸のお店のようですので間違えないようにしてください。

ところで、こちらの写真ですが立派な職人の手ですね。

私は職人さんを尊敬しているので、何故かこういう写真をみると感激してしまいます。

手、テーピング、ぐるぐる。阿櫻さんの前掛けにパワーをもらって。

#craftsman #hand #阿櫻
引用元:http://www.pictaram.com/media/1164567311963804638_2175652195

では、花田さんに靴を注文したい!という方はどうすれば?

その注文方法ですが、花田さんのインスタグラムに案内が載っています。

注文はこちらから出来ます

気になる方は確認してみてくださいね。

ちなみに制作期間は2週間ほどかかるそうです。

お値段の方は15万円くらいだとか。

金額だけを聞くと高っ!と思ってしまいますが、時間を考えるとどうでしょう。

ましてやオーダーで長く履けることを考えたら、それなりの価値があると思います。

第一、これだとコストが合わないのでは。(余計なお世話ですが)

私も欲しいのですが予算がねぇ。

あなたはどうですか?

お気に入りのカッコいい靴を作ってくれそうですね。

まとめ

今回は靴職人の花田優一さんについてでした。

世の中、自分の夢を叶えたいと思っていても挫折してしまい、上手くいかないことってたくさんあると思います。

そもそも将来何がしたいのか、その答えさえ見つからない人だっていますからね。

あっ、それって私のことなんですけど。(笑)

で、これがやりたいと思ったときには、できる環境になかったという…。

だからと言うわけではありませんが、ホント若いうちにやりたいことを見つけて、やっておくことは大切だと思いますよ。

でないと後悔しますからね。

ということで最期までお付き合いくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク 記事下
スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする