【無添加パン屋】河上祐隆の経歴!妻や子供&5日で開業は本当?

こんにちは、ぶろじんです。

あなたは普段パンを食べますか?

食べるとしたらどんなパンを食べますか?

私の場合は時々食べるのですが、ずばり”アンパン”です。

子供じゃないですが、アンパンマンも何気に好きです。(←おっさんだろ?)

甘いもの好きな私は、もちろんあんこも大好きですが小豆の粒が残っていないと許せません。

あ、これは好みと、こだわりの問題なんですけどね。

話が逸れましたね。

今回の話題はパン職人さんなのですが無添加パンを作っている河上祐隆さんについてです

わずか5日間でパン職人になれるとのうたい文句で開業支援をしていますが、一体どんな方なのでしょうか?

本当に開業できるのかも気になりますね。

早速、見ていきましょう。

スポンサーリンク

河上祐隆さんの経歴とは?

名前  :河上祐隆(かわかみ つねたか)

生年月日:1962年

出身地 :大阪府大阪市

現職  :株式会社おかやま工房 代表

河上さんは高校を卒業して18歳でパン職人の道に進みます。

家庭の事情で大学進学をあきらめ、”食べ物に困らない”という理由からベーカリーに入ったと言います。

そして恩師となる”パンの神様”といわれる方と出会いました。

この方がパンを作るとおなじ配合でも全く別のおいしいパンができるんだそうです。

そんな方に直接指導を受けて修行を積み、22歳の時には独立をします。

その時の資金を恩師が出資してれたというのです。

さらに銀行からの借金の保証人にまでなってくれたというのですから驚きますね。

これって、きっと人望なんですよね。

河上さんがどんな人なのか
理解していただけでなく
どんな結果になるかまで
見越していたのではないでしょうか?

この世の中にはいろんな方がいて、将来性がどうかまでわかってしまう方がいらっしゃいます。

あなたは神様ですか?

と思わず聞きたくなる人ってあなたの周りにはいませんか?

何故そんなことがわかるの?

マジっすか?

”オ~マイゴッド”…ってちょっと意味が違いましたね。

その後1990年には現在の岡山県岡山市にベーカリーをオープンさせています。

スポンサーリンク

奥さんや子供さんそして5日で開業って本当?

河上祐隆さんはご結婚されていますね。

そして子供さんもおられます。

ただ、残念ながら何人いらっしゃるかはわかりませんでした。

独立されてすでに30年以上経つといいますから、すでに成人されているかもしれませんね。

そもそも河上さんが岡山に引っ越しされたのは、子供さんの喘息が悪化したので生活環境を変えるためだったと言います。

きっと今では改善されてお元気で過ごされていることでしょう。

さて気になるのが5日で開業のうたい文句ではありませんか?

私もとても気になります。

通常なら一人前の職人になるまでに数年~10年かかるとされている世界です。

それを5日で開業できるまでにする方法とは、”リエゾンプロジェクト”と呼ばれるパッケージ化した教育システムに秘密がありました。

  1. 座学  :1日
  2. 見学  :1日
  3. 実技  :2日
  4. 販売研修:1日

この5日間で完了なのです。

ここで身に付くのは”5種類のパン生地を使って15種類のパンをつくる事”だそうです

さらにここから開業のためにサポートが始まるのですが、このときに終了証と契約の締結があります。

またパンの作り方のマニュアルも用意されており、材料も用意されるのでおいしいパンができるというわけです。

それだけでなくお店となる物件や設備、従業員研修に至るまで全てにおいてアフターフォローがされているのも驚きです。

ここまでやってもらえれば私にもできるんじゃないかと思えてきます。

独立したい方の中には未経験という場合だってありますから、本気で考えている方には有りがたい内容となりそうですね。

でも本当に凄いことを考えたもんです。

冗談抜きに心が動いてしまいそうで…ちょっとヤバイかも。

だって今の仕事を続けられる保証はないし、○○なことだっていっぱいありますからねぇ。

引用元:http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/

まとめ

今回はおかやま工房の河上祐隆さんについてでしたがいかがでしたか?

たまたまといっては失礼かもしれませんが、パン作りの世界に入ったことで自分の道をみつけることができた河上さん。

そして独立を応援してくれた恩師との出会い。

これって本当に運命ですよね。

たとえ偶然であったとしても良いめぐり合わせがあったからこそ、いまの河上さんがいらっしゃるのだと思います。

人間の運命って何とも不思議ですね。

あなたや私にも幸運な明日が待っているもかもしれません。

いや、きっと待っています。

例えば、宝くじの一等が当たるとか…。

人生にアメージングは付き物ですからね。

スポンサーリンク 記事下
スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする