将棋AI「PONANZA」山本一成の経歴wiki!出身高校や大学・嫁や在日の噂も 

こんにちは、ぶろじんです。

今日の話題は将棋ソフト「PONANZA」を開発した山本一成さんについてです。

PONANZA(ポナンザ)とはコンピューター将棋をおこなうためのプログラムなのですが、それを開発した一人が山本一成さんなんです。

「な~んだ、ただのプログラマーか」と思ったあなた!ただの人ではないんですよ。

なぜかというとこのソフト相当強くて、プロの棋士に勝っているだけでなく世界コンピュータ将棋選手権でも優勝しているんです。

それを開発したんですから只者ではありません。

その山本一成さんのあれこれに迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

将棋AI「PONANZA」山本一成の経歴wiki!

名前  :山本一成(やまもと いっせい)

生まれ :1985年生まれ 31歳

出身地 :愛知県犬山市

職業  :プログラマー

所属  :HEROZ株式会社

「山本一成 」の画像検索結果
引用元:http://www.tfm.co.jp/garage/guest.php?id=168&no=3

小学校の頃の山本さんは目の病気で外で遊べなかったのだそうです。

そんな山本さんが将棋と出会ったのは小学4年生の頃で、ちょうどクラスで流行っていたと言います。

両親にも勧められたこともあり、将棋熱は冷めることもなく中学・高校へと続きます。このころは将棋部に所属してしました。

大学に進学しても将棋部にはいるのですが、ここで山本さんの気持ちに変化が起こります。

「大学に入ったら燃え尽き症候群みたいになっちゃって。毎日、麻雀とダンス・ダンス・レボリューションと将棋しかやってなくて、あっという間に留年した。超ダメ学生だった」

引用元:http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1404/25/news016_3.html

ここで危機感を感じた山本さんが、初めて苦手だったパソコンに挑戦するのでした。

c言語と呼ばれるコンピュータの言葉でプログラムをつくるのですが、ここでチェスのプログラムを書いているときに「将棋に似ている」と思ったそうです。

そこで初めて詰将棋を解くプログラムを作り始め、難しいものでも解けるようになっていきました。

ですが最初のソフトは超がつくほど弱かったと言います。

まあそうですよね。最初ってそんなもんだと思いますよ。

何度も書いては捨てることを繰り返しそうですから、その努力は並大抵ではなかったことでしょう。

まあ、それができるのも天才の証なのかもしれませんね。

それにしても羨ましいですその才能。この違いっていったい…。

その甲斐があって最強のソフトを作り上げました。

ソフトも凄いんですが、山本さんもアマチュアとはいえ5段の腕前というから驚きです。

やっぱり将棋に関しては半端ではありませんでした。

スポンサーリンク

出身高校や大学はどこ?

その山本一成さんの出身高校はどこなんでしょうか?

これは明らかになっていませんねぇ。

高校の名前はあがっているのですが、たしかな情報はありませんでした。

でも東大に進学しているのですから、それなりの進学校だったに違いありません。

ちなみに私の高校から東大に行った人って聞いたことがないんですけどね。

って、ぜんぜん自慢になりませんが。(笑)

でも意外といたり…しないか?

あっ、先に答えを言っちゃいましたが大学はあの東京大学工学部、そして東京大学大学院に進んでいます。

やっぱり”天才”でした。

結婚した嫁や子供・在日の噂は? 

あと山本一成さんは結婚されていますね。

子供さんの情報はまだありませんが、これからかもしれません。

ところで、奥さんのお名前は藍さんとおっしゃるんですかね。

ツイッターにはこんな文章が…。

とてもきれいな奥さんで、こんな感じの方だったんですね。

写真
引用元:http://special.nikkeibp.co.jp/atclh/NBO/16/changemakers_party/03/

ところで山本さんにいては在日の方ではとの噂がありました。

調べてみますとどうやら名前が原因していたようですね。

それは萬一成という名前で大会に出場したことがあり、萬という姓を名乗る方には在日の方がいらっしゃることからそう言われたのではないでしょうか。

でも何でそんな姓を名乗ったのかが気になります。

もしかして将棋の試合ってニックネームとか芸名みたいなものでも出場okなんですかね?

どなたかご存じないですか?

まとめ

今回はプログラマーの山本一成さんについてでした。

やっぱり天才と言われる人というのは、誰よりも努力してますよね。

確かに元のデキが違うというのはあると思いますが実行力も一流です。だからこそ結果も出るのだと思います。

どうも私にはこの努力が足りないようです。(お恥ずかしい)

一流を目指すには、こういう人達を見習って頑張らなくちゃいけませんね。

良いことは真似るのが最も近道だと思いますがどうですか?

スポンサーリンク 記事下
スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする