MCTオイルコーヒーの効果で痩せた!?ダイエットにプラスの理由も

こんにちは、ぶろじんです。

今日の話題はMCTオイルコーヒーについてです。

ダイエットに興味のある方でしたら、ご存じかもしれませんね。

名前を聞くとコーヒーにオイルが入っているだけでしょ?と思っていたんですが実はスゴイみたいですよ。

一体、何がそんなに注目されるのか気になるところです。

そこで早速調べてみましたので、一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

そもそもMCTオイルって何?

MCTオイルとは、どんなオイルの事なんでしょう。

実はココナッツから摂れるオイルのことで、中鎖脂肪酸(ちゅうさしぼうさん)オイルとも呼ばれています。

中鎖脂肪酸は英語でMedium Chain Triacylglycerolsと言い、この頭文字をとってMCTと略されます。

ヤシ科の種子(実)に含まれている成分になりますが、これは私たちが毎日の生活の中でも摂取できているものなんです。

また、中鎖脂肪酸はココナッツだけでなく、少量ですが牛乳や母乳にも含まれています。

ココナッツオイルとは違う

ココナッツから採れるだからココナッツオイルと同じでは?と思われるかもしれませんが少し違うんですよ。

ココナッツオイルから中鎖脂肪酸だけを抽出したものがMCTオイルになるのです。

つまり純度が全然違います。

ココナッツに含まれる中鎖脂肪酸の割合は60%ほどとされていますが、そこからさらに抽出したものになります。

その結果、含有量100%のMCTオイルができるのです。

中鎖脂肪酸(MCT)の特徴とは?

その中鎖脂肪酸(MCT)にはさまざまな特徴があります。

  • 消化吸収されやすい
  • 満腹感を得やすい
  • 脂肪の燃焼に作用する
  • エネルギーになりやすい

摂取された中鎖脂肪酸は胃の中で短時間に脂肪酸とグリセリンに分解され、小腸からの吸収も早いとされています。

さらにケトン体と呼ばれるエネルギー源を効率良くつくる働きがあるのです。

これらの特徴を活かして、医療現場ではずいぶんと前から患者への栄養補給に利用されてきました。

ダイエットで注目される理由

中鎖脂肪酸(MCT)がダイエットで注目される理由はその特徴にあります。

ケトン体を増やしてくれる働きがあるので、脂肪が燃焼しやすい状態にしてくれるのです。

ケトン体と言うのは、眠い時やお腹が空いたときに、肝臓で作られる物質のことで、心臓を動かす筋肉などの多くの組織のエネルギー源になっています。

さらに中枢が刺激されることによって、食欲を抑えたり満腹感を得やすいので食事の量を減らすことができるのです。

こうして見てくるとダイエットを考えている方(私もですが…)にとっては強~い味方になってくれそうですね。

スポンサーリンク

MCTオイルコーヒーの作り方~注意点

作り方

作り方は至って簡単です。

コーヒーにMCTオイルをスプーンで1杯~2杯いれるだけです。

ホントにそれだけなんです。(笑)

でもコーヒーが苦手な方や飲めない方は、紅茶や豆乳に入れてもいいでしょう。

他にもスープに入れたり、サラダにかけて食べることもできますので、食生活の中で工夫してみてくださいね。

そうそう、ご飯を炊く時に入れてもツヤツヤして美味しいご飯が食べられそうです。(←食べ過ぎないように)

また、匂いや味はありませんので、入れたからと言って食べにくさを感じることは少ないでしょう。

飲み方

飲み方は、いつもの朝食をMCTオイルコーヒーに置き換えるだけです。

中鎖脂肪酸の特徴でもある”満腹感を得やすい”効果によって、それほど空腹を感じずに済むと思います。

どうしてもお腹が空く時には、食事の量を控え目にする程度から始めて、無理をしないようにしてください。

ダイエットをしていると体調が崩れたりしがちですので要注意ですよ。

注意点

注目のMCTオイルですが摂り過ぎはいけません。

”適量”を守ることはとても大切です。

100g当たり900キロカロリーと高いので入れ過ぎには十分注意しましょう。

コーヒー以外に使用することもあるかと思いますが、1日の量としては20g~30g程度を限度としておきます。

それと糖質にも要注意ですが、甘いお菓子や飲み物はつい口にしてしまいがちですので、食べ過ぎには気を付けてくださいね。

甘い物好きの私には辛いかも…。

まとめ

今回はMCTオイルコーヒーについてでした。

ダイエット目的で摂取する方が間違いやすい点に、これさえ飲んでいれば痩せるという思いがあるかもしれません。

私も要注意です。(笑)

でも痩せた方は食事や毎日の生活から気を付けていますし、それを実行しているはずなんです。

つまり頼り切ってはダメということになるのですが、まずは生活の乱れから改めて見てはいかがでしょうか?

スポンサーリンク 記事下
スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする