【ベビースターラーメン】キャラ引退!レシピやおやつカンパニーとは?

こんにちは、ぶろじんです。

今日の話題は、おなじみのベビースターラーメンについてです

あ、写真は普通のラーメンですよ。(笑)

そのベビースターラーメンのキャラクターである「ベイちゃん」と「ビーちゃん」が引退することになりました。

え?引退しちゃったらキャラなしのベビースターラーメンになっちゃうの?と思いますよね。

そのあたりも気になったので調べてみました。

早速みていきましょう。

スポンサーリンク

ベビースターラーメンのキャラクターが引退

ベビースターラーメンといえばパッケージには必ず「ベイちゃん」や「ビーちゃん」がいました。

販売が始まったのは1959年といいますから、今から57年前ということになります。

そんなに前から売っているんですね。

この頃に発売されたものと言えば1960年に丸美屋の”のりたま”があります。

明治の”マーブルチョコ”は1961年から販売されています。

同じく1961年には森永の”エンゼルパイ”も販売になっていますね。

いずれの商品もいまだに販売されているロングセラー商品と言えます。

ベビースターラーメンは発売から30年の間はオレンジ色を基調としたパッケージに女の子のイラストがあっただけでした。

こんな感じです↓↓↓

   商品イメージ

引用元:https://www.oyatsu.co.jp/enjoy/history/

その後「ベイちゃん」と「ビーちゃん」登場して現在に至っています。

それがこうなりました↓↓↓

ベビースターラーメン ミニ(チキン)

引用元:https://www.oyatsu.co.jp/product/babystar/list/

こうして見ると時代を感じさせますね。

”10エン”という表示がいかにも昭和の中期のイメージで、懐かしく思えたりします。

でも、本当になくなってしまうんでしょうか?

だとすれば、個人的にはやっぱり寂しいです。

もう一度考えてもらいたいです…ね。

スポンサーリンク

レシピやおやつカンパニーとは?

ベビースターラーメンというと”そのまま食べる”というイメージがありました。

そのまま食べてもおいしいですが、ちょっと工夫すればもっとおいしく食べられそうです。

今はとてもたくさんのレシピがあって楽しみ方も増えていますね。

私はたぶん自分ではできないと思いますので、作ってもらおうなんて考えちゃってます。

ベビースターラーメンのレシピ 1

ベビースターラーメンのレシピ 2 

ところでこのベビースターラーメンを作っている”おやつカンパニー”ってご存知ですか?

本社は三重県津市にあって1948年の創業といいますから、70年近い歴史があります。

創業当時は松田産業有限会社という会社名でした。

また”ベビースターラーメン”も
発売当時は”ベビーラーメン”の名前で
10円で売られていました。

当時はコーヒーが一杯50円位でした。

今はコーヒー専門店で500~600円位でしょうか。

だとすれば1袋100円くらいのイメージになりますかね。

グリコのキャラメルが10円。森永のミルクキャラメルが20円の時代です。

1973年になって商品名”ベビースターラーメン”に、1993年には社名を株式会社おやつカンパニーに社名を変更しています。

たしかこの頃CI(コーポレート・アイデンティティ)とかが盛んで、社名変更する企業がたくさんありました。

私の知っている会社でも社名を変更したそうですが、”CI=社名変更”と勘違いしていたとかいなかったとか。

まとめ

今回はベビースターラーメンについてでした。

長年慣れ親しんできたキャラクターが無くなるのは寂しいものです。

と同時の時代の流れを感じますね。

というよりも”俺も歳をとったよなぁ”などと思ってしまいます。

あ!誤解しないでくださいね。

そうは言ってもまだ若いですよ。(←ホントか?)

本当ですって。(なぜ”本当”が小さい?)

よく二十歳を過ぎると早いとか言いませんか?

ちょっと話題が逸れましたけど、これからも変わらぬ美味しさであってもらいたいですね。

ベビースターラーメンは不滅です!?

スポンサーリンク 記事下
スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする