2017ソフトバンクに川崎宗則の復帰が決定!年俸やポジションと打順は?

こんにちは、ぶろじんです。

今日の話題はプロ野球の川崎宗則選手についてです。

昨年まで大リーグで活躍しましたが、今年からは日本のプロ野球界に復帰すると見られています。

今年も大リーグでプレーすると思っていた方はビックリされたことでしょう。

もちろん私も驚いています。

本当に日本に帰ってきてくれるの?、実現したらどんな待遇で復帰するのか?などについて見ていきましょう。

スポンサーリンク

2017年ソフトバンクに川崎宗則の復帰が決定?

川崎宗則選手が日本のプロ野球界に復帰するのでは?言われていますが本当なんでしょうか?

カブス108年ぶりの世界一、川崎宗則も興奮「諦めずやってよかった」
引用元:http://www.excite.co.jp/News/matome/sports/M1478241858863/

川崎選手は1999年のドラフト4位でダイエー(現在のソフトバンク)に入団しましたが、2012年からアメリカ大リーグでプレーしています。

大リーグではシアトル・マリナーズからトロント・ブルージェイズ、そしてシカゴ・カブスと3球団で活躍。

今年もカブスとマイナー契約を結びましたが、その後自由契約になっています。

そこにオファーを出したのが、古巣のソフトバンクです。

実はソフトバンクは川崎選手が大リーガーになった後も、背番号「52」を欠番にしながらオファーを続けていたというのです。

つまり、川崎選手の日本復帰を一番強く願っていた球団だったんですね。

それほどまでに帰ってきて欲しかった選手ということになるんですが、この期待に応えてくれるか注目されています。

もちろん大リーガーでも応援しますが、日本で活躍するところも見たいです。

ただ、ちょっと気になるのが以前にも日本プロ野球に復帰するのでは?と言われつつも、大リーグでプレーしてきた”実績?”があります。

同じパターンになる可能性も残っていたものの、結論からいうと復帰することになりました。

関係者によると、川崎は31日に家族と米国から日本に帰国。2011年以来6年ぶりにホークスに復帰する見通しだ。

これは、その準備のための帰国と言えると思います。(期待を込めてます)

スポンサーリンク

気になる年俸やポジションと打順は

では復帰したら年俸も気になりますよね。

ではいくらになるかというと、こんな情報もあります。

昨年カブスから復帰した和田獲得時と同等の、3年総額12億円前後をすでに準備。受け入れ態勢、資金面とも国内の他球団を圧倒している。

と言うことは年俸は4億円にもなるんですね。

もちろんそれだけの価値があるという評価があってのことです。

以前に日本でプレーしていた時には2億4千万円ですから、それをも上回る好待遇と言えます。

いかに大きな期待がされているかわかりますね。

続報!

どうやら年俸がわかったようですね。

1年契約で9千万円だそうです。

これは自分から言ってしまったようですね、

また、

「18年ずっと1年契約でやってきた。オレ、複数年契約のやり方知らないからね」

とまで、おっしゃっているのは、きっと正直な方なんでしょう。

ますます好感が持てますし、応援したくなります。

ちなみに大リーグでの移籍した当時のメジャーの年俸は約6千万円ほどと言いますから、日本よりずっと少ないです。

それでもアメリカに渡った川崎選手にとって、メジャーの世界は特別なものだったのでしょう。

それなら、ポジションや打順はどうなるでしょうか?

ソフトバンクが背番号「52」を欠番にして待っているのですから、同じポジションの可能性は高いですね。

つまり、守備はショートが有力でしょう。

ただ二塁には本多雄一選手がいて、遊撃が今宮健太選手と定位置となっています。

そして打順は1番か2番といったところが考えられますが、やっぱり川崎選手といったら1番かも。

でもこちらも完全にかぶっており、もしそうなると2番に今宮選手や本多選手が競い合う形になるんでしょうか?

ただし、どちらにしても、二人ともレギュラーをガッチリと確保してますからねぇ。

監督がどんな判断をするか注目ですね。

また、大リーグの時にはこんなコメントもありました。

別に打順に興味はない。何番でも一緒。

と言うことはこだわりはないと言うことなんでしょうか。

大リーガーだった選手ですから1番でも文句は出ないかもしれませんが、少なくとも他の選手に刺激を与えることは間違いないと思います。

何せ2004年と2006年にはベストナインになった選手です。

入団したとすれば結果的に、もっと強いチームになるかもしれませんね。

まとめ

ということで、今回はプロ野球の川崎宗則選手についてでした。

大リーガーとして活躍していただけに注目度も高いんですが、さらに進化した川崎選手が見られるでしょうか?

大いに期待するところですが、本人にはプレッシャーもあるかもしれませんね。

いやいや、逆にメラメラと燃えているかも。

きっと大リーガーの凄いところを私たちに見せてくれるに違いありません。

今後の活躍を楽しみにしていたいと思います。

川崎宗則(ムネリン)のプロフィールは?成績や年俸と家族の嫁や子供も

スポンサーリンク 記事下
スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする