元プロ野球・小桧山雅仁の現在の仕事は?経歴と結婚した嫁や子供も

こんにちは、ぶろじんです。

今日の話題は元プロ野球選手の小桧山雅仁さんについてです。

小桧山さんといえば現役時代は横浜ベイスターズで活躍されていました。

バルセロナオリンピックでは野球日本代表に選ばれ、プエルトリコ戦においては速球とフォークボールを上手く使い分け見事な完封勝利を収めています。

その小桧山さんは現在どうされているのでしょうか?

懐かしい人物だけに気になる方もいらっしゃると思います。

早速みていきましょう。

スポンサーリンク

元プロ野球投手の小桧山雅仁の経歴

名前   :小桧山 雅仁(こひやま まさひと)

生年月日 :1969年5月7日

出身地  :神奈川県横浜市

身長・体重:179㎝/80㎏

ポジション:投手(右投げ・右打ち)

出身校  :桐蔭学園高等学校・慶應義塾大学

プエルトリコ,小桧山雅仁,先発,バルセロナ,プエルトリコ戦,小桧山,タイムマシン
引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10103868300

小桧山 雅仁さんは1992年のドラフトで当時の横浜(現在のDeNA)から1位指名されて入団しています。

このとき小桧山さんは日本石油野球部に在籍しており23歳でした。

横浜に入団した当初は先発投手として期待されていました。

しかし実際にはセットアッパー(中継ぎ)に転向して、あの佐々木主浩投手につなげて勝利するパターンで大活躍しました。

1年目から活躍したので2年目以降も期待はされるのですが、思うような結果を出すことができませんでした。

そして右ひじ靭帯を断裂するというけがに見舞われ、1997年に手術をおこないます。

1999年には勝ち投手になるものの完全復活とはいかず、2001年には横浜を退団しています。

その後は台湾のプロ野球チームの中信ホエールズでプレーをするものの、再びひじを痛め2002年をもって事実上の引退となっています。

スポンサーリンク

現在の仕事と結婚した嫁や子供

プロ野球を引退後の小桧山 雅仁さんは野球とは関係のない仕事に就いていました。

それはTBSラジオへの入社であり、ここで営業を仕事をしています。現在でもTBSで仕事は続けておられるようですね。

確か横浜支局長になられていたと思います。

出世されましたよね。

入社に当たっては大学の先輩であるTBSの松下賢次アナウンサーに紹介をしてもらい、入社試験を受けたそうです。

よくプロ野球選手をしていた方は解説や指導をされたりすることがありますが、現実をしっかりと受け止めていたんでしょうね。

きっと難しい選択だったと思います。

だって今後の人生を決めるんですから。

その後2014年には現在の奥さんである白井京子さんと結婚されています。

白井さんは当時TBSラジオのキャスターを務めており社内結婚となりました。

白井京子
引用元:https://twitter.com/kyoroshirai

2014年にTBSを退社され、現在フリーのキャスターとして活躍していますね。

また子供さんについての情報はありませんでした。

と言うことはいらっしゃらないと思われますが、年齢的にも難しいのかもしれませんね。

こればっかりはおめでたい情報が入ってくるのを待ちたいと思います。

まとめ

今回は元プロ野球選手の小桧山雅仁さんについてでした。

プロスポーツの選手が避けて通れないのが”引退”だと思います。

いくら頑張っても肉体的な衰えは必ずやってきます。

でも将来、アンチエージングの研究が進んで特効薬みたいのものが開発されるかもしれませんよ。

そしたら60歳、70歳になっても現役バリバリなんて時代が…。

今はちょっと想像できませんが、きっと少しずつ変わっていくんでしょうね。

スポンサーリンク 記事下
スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする