日本ハムが新球場を建設決定の理由?移転の時期や場所の計画は?

こんにちは、ぶろじんです。

今年のプロ野球も日本ハムが優勝して日本一となり幕を閉じました。

それがついこの間のことです。

その日本ハムについて新しいニュースが入ってきました。それは新球場ができるというものです。

え?ということはホームグランドが今の球場から違う球場になるって事ですか?

そうなんです、新球場の建設が正式に始まることになりました。つまり引っ越しですね。

ではどこに移転するのでしょうか、そして移転時期はいつになるのでしょう?

これらのことをまとめてみましたので、みていきましょう。

スポンサーリンク

日本ハムの新球場を建設決定の理由?

ついに日本ハム・ファイターズの新球場?の建設が正式に決まったようです。

これは球団の親会社である日本ハムが新球場建設構想の提案を正式に了承したものです。ではなぜ新球場を建設するのでしょうか?

まず現在のホームグランドは札幌ドームなのですが、ここではいけないのでしょうか?

もしかして古くなったからかな?と思ったのですが札幌ドームが建設されて使用が始まったのが2001年6月からですので、約15年ほど経つことになります。

ただ実際に日本ハムが使用し始めたのは2004年からです。

でも同じくドーム型球場と言えば東京ドームがありますが、こちらは1988年の3月からですので、すでに28年も経っています。札幌ドームの2倍近く経っており古いですが、まだまだ現役ですよね。

ということは老朽化じゃないということになります。

それじゃぁなに?となるんですが、理由はこんな事があげられます。

それは日本ハムは球団専用のグランドを求めていました。

ですが、サッカー・Jリーグのチームである北海道コンサドーレ札幌も使用している。さらにはここを多目的に使用することが決まっているのです。つまり他のスポーツやコンサートなどもここでおこなわれると言うことです。

そうなると使いたいときに使うことができなくなってしまいます。利便性がわるくなり、収益の向上も見込めなくなる点があげられます。

プロの球団ですから、これらを考えるのは当たり前のことですよね。

さらには観客席の傾斜が急であること、それに人工芝が劣化しているといった点も新球場の建設になった原因の一つです。

ただ過去には札幌ドームの専用化を市長から提案したこともあるそうなんです。でも実際にはそうならなかった経緯があります。

追加情報

日本ハムが札幌ドーム残留を否定しました。

これによって今後は日本ハム抜きでの移転が進みそうです。

スポンサーリンク

移転の時期はいつ&場所はどこ?

まず移転の時期はいつになるのでしょうか?

正確なところはまだわからないようですが2023年頃とのことです。まだ何年も先のことですね。ですが巨大な施設ですから時間が掛かるのも無理ありません。

今後、球団と親会社の日本ハムの間で話し合いがおこなわれて、2018年頃には方向性が決まるとのことです。

やはり構想を決まるだけでも一年半以上かけないと、結論が出ないんですね。

私はせっかちなので、結果が早く分かった方がいいのですがこういう問題は時間がかかるもの仕方ありません。

では移転場所がどこになるかも気になります。

やはりドーム近郊の札幌市または北広島市内での建設の可能性が高いようです。何せ北海道は広いですから、現在の場所から遠く離れたところに行ってしまうのも問題でしょう。

もしあまりにも遠くに行ってしまうと、ファンの方も行き辛くなってしまいますからね。

その対策なのかわかりませんが、ドームの周りにはホテルの建設が予定されています。

そうなれば遠くから観戦に来た人たちも、宿泊場所を探す必要がないので安心ですよね。

追加情報

候補地の情報が出てきましたね。

現時点では学校法人八紘学園の豊平区内の所有地で約60ヘクタールが候補となっています。

この場所には北海道農業専門学校の他に牧草地と牛舎があります

市は学園所有地の一部で市が冬の雪捨て場として借りている約5ヘクタールと、
旧道立産業共進会場(ケーズデンキ月寒ドーム)敷地のうち市が道から購入予定の約8ヘクタールの
計約13ヘクタールを、ボールパーク構想に活用する案を学園に提示。
プロ野球に限らず、市民が憩える公益性の高い土地利用の方針を伝え、理解を求めていた。

位置的には

敷地西側は市営地下鉄東豊線福住駅から数百メートル、東側も地下鉄東西線南郷13丁目駅から1キロ以内の距離にある。日本ハムの現本拠地の札幌ドームと比較的近く、交通アクセスもいい。

とのことですから、今まで同様に利用ができると考えられます。


引用元:http://dd.hokkaido-np.co.jp/sports/baseball/fighters/1-0364251.html

この話がまとまれば「最大の関門を突破」となりますが、どうなることでしょう。

いくら広い北海道といえど、立地条件にあった他の候補地を探すのは大変ですからね。

と言うことでどうやら結論が出たようです。

理事会の協議結果は了承して受け入れるとの正式な発表がありました。

ただ、候補地を提案している北広島市との問題がどうなるのか気になるところです。

まとめ

今回は日本ハム・ファイターズのホームグランドである札幌ドームのお話でした。

プロ球団が地元にあるのと無いのとでは色んな面で大違いです。当然そのためにも立派な球場が必要になることでしょう。

ですから今回のこの移転の話がいかに重要で、大きな影響を及ぼす話であるかが分かります。

ですがファンの立場からすれば、これからも北海道を本拠地として大活躍してもらいところでしょう。

そのためにも移転場所などが早く決まって、ファンの皆さんを安心させてもらいたいと思います。

スポンサーリンク 記事下
スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする