【ジーンちゃん】がかわいいと大人気!ぬいぐるみの作り方はどうなの?

6c084da0e3038e27aba597a311dae57c_m

あなたは「にじいろジーン」というテレビ番組をご覧になったことがありますか。

毎週土曜日の朝に放送されている情報バラエティ番組です。

そこに出てくる番組キャラの”ジーンちゃん”…なかなか、かわいいですね。

見ているだけで微笑ましくなってきます。

実はこのジーンちゃん、女性にとっても人気があるようで、なんともいえない表情が気持をやわらげてくれます。

そこで今回はこのジーンちゃんの情報と作り方について調べてみました。

ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

ジーンちゃんのミニ情報

まずはここでジーンちゃんの基礎情報です。

ジーンちゃんって一体何をモチーフにしたキャラクターかご存じでしたか?

何かの動物?

それとも空想の生き物?

どちらでもないまったく新しいキャラ?

見方によって、いろいろなものに見えてしまうので”う~ん”と考えてしまいます。

一見すると2本足なので”鳥か?”なんて思ったのは私だけでしょうか?

実はジーンちゃんは犬がモデルなんだそうです

最初は”へ~”という感じでしたが、よく見れば顔はしっかり犬ですね。

特に横顔はあきらか?に犬という感じです。

ん~納得。

あっ、でも性別は?

男の子?それとも女の子?

これについてはどちらかという情報はなく、実のところよくわかりません。

ネット上では論争(というほどじゃない)が繰り広げられていたりしますね。

おまけに番組の中でも何も言わないのではっきりしませんね。

だから、あなた次第で勝手に解釈してしまうのも有りかもしれませんよ。

だって、こういうキャラって想像や夢があったほうが限定されなくて楽しいじゃないですか。

さぁ、あなたはどっちだと思いますか?

スポンサーリンク

ジーンちゃんの作り方を紹介

さてここからが本題です。

ジーンちゃんを見てほしいと思った方は多いと思います。

タオルやストラップなどは楽天市場やアマゾンでも購入できるようですが、ぬいぐるみとなるとなかかな売っていませんね。

それなら、にじいろジーンが関西テレビやフジテレビ系列での放送なのでカンテレSHOPPINGやフジテレビe!ショップにあるかと思いきやなんとぬいぐるみは無い!

なんで?と思っていまいましたが…。

となるとどうしても欲しい人は自分でつくるかオーダー?で注文するしかないということになってしまいます。

そこでまたまた調べてみました。

その結果は…。

自分で作るならこうする

いました、いました。

自分で作っておられる方が。

こちら↓は作り方を紹介しているサイトですので参考にしてみてください。

ジーンちゃんの作り方 その1

ジーンちゃんの作り方 その2

なければ作ってしまえ!という挑戦的なあなたにおすすめです。

いきなり大きなものは大変かもしれませんが、小さなものからトライしてみるのもよいかもしれませんね。

たしかにモデルはジーンちゃんですが、あなただけのオリジナルのぬいぐるみができるはずです。

きっと愛着がわいて手放せなくなると思います。

ちょっと工夫してあなたのアイディアを入れてみるのも楽しいのではないでしょうか?

でも、自己責任ですよ。(笑)

材料は通販などでも購入できますのでトライしてみては?

こちら↓で材料の購入ができますからまずは相談してみても良いですね。

ぬいぐるみの材料

オーダーもできるけど…

自分で作るのに自信がなかったり、無理な方はオーダーという手もあります。

金額は大きさやどんなものを作るかによって変わってきます。

ですが最低1万円程度の出費は覚悟しておいた方が良いでしょう。

場合によっては数万円なんてこともあり得ます。

でもあまり高いものは買えませんよね。

ただ他では売っていないものをつくるのですから、費用と時間がかかるのは仕方がないと思います。

それでもどうしても欲しい方は相談した方が良さそうですね。

こちら↓では1個から作ってくれるので参考にしてください。

ジーンちゃんのオーダーメイド その1

ジーンちゃんのオーダーメイド その2

ジーンちゃんのオーダーメイド その3

まとめ

今回はジーンちゃんについてみてきましたが、いかがでしたか?

ぬいぐるみは子供だけでなく、大人も引き付ける魅力がありますよね。

飾って眺めるも良し
抱きまくるも良し。

人それぞれですが”かわいい”というのは共通していると思います。

それぞれが個性的なんだけど、自然な感じで私たちの生活に溶け込んでる感じです。

どんなぬいぐるみでも、あまり違和感がないですもんね。

子供の頃から慣れ親しんているぬいぐるみですが、いろいろと調べていくうちに意外と奥が深いなぁとあらためて感じました。

スポンサーリンク 記事下
スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする