モーグル堀島行真の経歴や出身高校は?姉や彼女と使用スキー板は何?

こんにちは、ぶろじんです。

今日の話題はモーグルの堀島行真選手についてです。

モーグルってあのラクダのコブみたいは斜面を滑る競技でほとんどの方がご存じなのではないでしょうか。

スピードだけなくターンやジャンプの合計点で競います。

その堀島選手が世界選手権で2種目を制覇し、見事に2冠を達成しました。

日本人男子初の快挙ということもあり、注目されていますね。

その堀島選手とはどのような方なのか、その経歴から使用スキーまでをまとめてみました。

早速みていきましょう。

スポンサーリンク

モーグル堀島行真の経歴や出身高校は?

名前  :堀島行真(ほりしま・いくま)

生年月日:1997年12月11日

出身地 : 岐阜県揖斐郡池田町

身長  :166㎝

体重  :54㎏

 男子デュアルモーグルで金メダルを獲得した堀島行真=さっぽろばんけい
引用元:https://www.daily.co.jp/general/2017/02/24/0009944190.shtml

堀島選手は両親の影響で1歳のときからスキーを始めました。

本格的にモーグルを始めたのは小学校4年生からです。

中学3年生の時に行われた2012年夏の全日本ウォータージャンプ選手権では見事に優勝を果たしています。

スポーツ選手に限らず、一流になる人は小さいことから初めてますし、やっぱり天性のものがあるんですかねぇ。

高校は岐阜第一高等学校に進学しています。

2年生で世界ジュニア選手権デュアルモーグル7位に入賞、3年生になると国際スキー連盟のフリースタイルスキー・ワールドカップ開幕戦で3位に入賞しました。

2016年には中京大学スポーツ科学部に入学しますが、早くも実力を発揮して2017年アジア冬季競技大会では金メダルを獲得しています。

そして今回の世界選手権でも見事に優勝を果たしました。

まだ19歳の伸び盛りでもありますので、今後の活躍に期待したいと思います。

スポンサーリンク

姉や彼女と使用スキーは何?

堀島行真選手にはお姉さんがいるんですね。

名前は堀島有紗(ほりしま ありさ)さんと言って、同じくモーグルの選手をしています。

大学も同じ中京大学のスポーツ科学部競技スポーツ科学科に在籍しており、現在3年生ですから2歳上になります。


引用元:http://www.trustnotes.co.jp/arisa-horishima

モーグルは小学6年生の時から続けていて、現在は全日本選手権などの大会に出場しています。

今後についてはこんな風に意気込みを語っています。

平昌オリンピック出場に向けて今できることを最大限やりきり、また、中国オリンピックでは優勝を狙っていきます。

いいですねぇ、オリンピック優勝が目標とはすばらしいです。

是非とも目標を達成できるように頑張ってほしいと思います。出来れば弟の行真選手とダブルで獲得してくれるとうれしいですね。

ところで堀島行真選手の彼女も気になるところです。

ところが、そんな噂は出てきませんね。ということは今はいない?

モテないことは絶対にないと思うのですが、スキーの練習で彼女を作る時間がないのでしょうか?

それとも密かにお付き合いしている方が…。

いずれにしても、彼女がいてもおかしくありませんから、情報が出てくるまでもう暫く待つとしましょう。

いろいろと気になる事があるんですが堀島選手のスキーも気になりますねぇ。

どこのメーカーの板を使っているのでしょう。

それは”ID one(アイディー ワン)”というメーカーのものです。

女子モーグルで活躍した上村愛子さんもこのメーカーのものを使っていますね。男子では全日本選手権優勝の経験もある田中陸也選手もそのようです。

スキーに限らず自分に合っているものが一番ですから、きっと堀島選手にもぴったりなんでしょう。

用具によって自分の実力を100%、120%と出せることってあると思います。ある意味、体の一部だったりしますからね。

まとめ

今回はモーグルの堀島行真選手についてでした。

スキーが上手に滑れる人ってカッコいいですよね。何か”白銀のプリンス”とか”プリンセス”って感じがします。

実際にスキーをされる方って結構多いと思いますが、あなたはいかがですか?

私はスキーができる環境にあったのですが、”寒いの苦手人間”なのでいまだに滑れません。もう冬は苦痛なんですよ。

何かきっかけがあれば分かりませんが、今のところは…。きっとこのまま歳をとっちゃうんでしょうが。

でも一度は滑っておかなくちゃなんて思ってはいますが、どうなることやら。

スキーをされる方は怪我には十分注意して楽しんでくださいね。

スポンサーリンク 記事下
スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする