新体操【中田吉光】監督のプロフィールと出身校!嫁や息子と演技動画も

こんにちは、ぶろじんです。

今日の話題は青森大学新体操部の中田吉光監督についてです。

女子新体操はとってもきれいな演技を見せてくれますが、男子新体操ってイメージできますか?

少し前…いや結構前になりますが、タンブリングという新体操のドラマがあったのを憶えている方もいらっしゃると思います。

あの団体演技は見事なものでしたね。演技がピッタリ合っていると素晴らしいです。

それでは、その男子新体操の動画を交えながら、中田監督について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

新体操【中田吉光】監督のプロフィールと出身校

名前  :中田吉光(なかた よしみつ)

生年月日:1966年1月

出身地 :青森県

現職  :青森大学新体操部部長兼監督


引用元:https://www.tfm.co.jp/smile/reports/aomori/20160725/

中田監督は国士館大学で新体操の選手をしていました。

大学卒業後の1988年からは選手はなく、香川県の高校の先生になります。

残念ながら現役で選手を続けることはありませんでした。

これは想像ですが、当時はまだ大学卒業後に新体操を続けられるような環境が整っていなかのかもしれませんね。

高校では新体操の指導を始め、インターハイや国体などの全国大会で5回の優勝と10回以上の準優勝に導いた実績があります。

その後2002年から青森大学で男子新体操部を立ち上げることになります。

同好会しかなかった新体操部ですが、今では15年連続優勝という素晴らしい成績を出すまでに育てました。

それも1年目から優勝させたと言いますから凄いことです。

きっと監督も選手たちも並々ならぬ努力をされたことでしょう。また、このときから選手たちの持つ可能性を見抜いていたのかもしれません。

優秀な指導者は、その人の能力を引き出すのがとても上手です。

きっとまとめ役としても、兄であり父親のように頼れる存在だったんでしょうね。

嫁や息子と男子新体操の演技動画も

そんな中田吉光監督のご家族のことも気になりました。

新体操に限らず他のスポーツでもそうですが、監督のご家族の協力がとても大切な場面があると思います。

特に奥さんはご苦労もとても多いのではと想像できます。

中田監督もご結婚されているのでは?と勝手に思っていたのですが、そのような情報がありませんでした。

もしかしたら、まだお一人の可能性もありますね。

でも結婚されていたとしたら、子供さんがいらっしゃるかもしれません。

もし息子さんがいらっしゃれば、きっと新体操の選手になるのでは?と思うのは安直な考えだったかも…。

ただ、そうなれば夢はありますよね。

よく子供さんが親を超える選手を目指すパターンって多いじゃないですか。これって、きっと親の血を受け継いでいるからなんだと思います。

スポーツだけでなく職人の世界でもあるでしょうし、芸能界でお二世の方が頑張っていたりします。

実際、親を抜くのは大変だと思います。

さて、それでは青森大学の男子体操部の演技ってどんな?と思った方もいらっしゃるでしょう。

こんな素晴らしい演技なんですね、ご覧ください。

デザイナーの三宅一生さんが企画した公演

2016インカレに優勝した時の演技

どちらも素晴らしいの一言です。

実は私もタンブリングが得意だったんですよ。(←ちょっと自慢です)

宙返りとかは、しょっちゅうやっていました。

今はできませんけどね。(笑)

ということで懐かしいテレビドラマ「タンブリング」のDVDはいかがですか?

私も持っているんですよ、これ。

  ↓↓↓


タンブリング コンプリートBOX [ 山本裕典 ]

まとめ

今回は青森大学新体操部の中田吉光監督についてでした。

中田監督ももちろんですが、その道に精進してきた人はホント凄いと思います。

言葉にも重みがあって、自信に満ちてますよね。だからその人の一言で、ついその気になっちゃうことがあります。

ずいぶんと前になりますが、ある人にとても褒められたんです。(←めったにない)

もううれしくなってやる気10倍くらいになったんですが、実際には全然できませんでした。(涙)

やはり何事も「千里の道も一歩から」という気持ちでいないといけないと感じた一件でした。

BLUE TOKYOのメンバープロフィール!2017公演やチケット情報と動画紹介

スポンサーリンク 記事下
スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする