神戸レアンドロが怪我で退団や引退の可能性?代わりの選手は誰で年俸は?

こんにちは、ぶろじんです。

今日の話題はヴィッセル神戸のレアンドロ選手の怪我についてです。

昨年のレアンドロ選手は得点王に輝くなど、絶好調ぶりをアピールしていただけに残念なニュースになってしまいました。

多くのファンが一日でも早い復帰を望んでいますが長期離脱ということで今後どうなるのか心配なところです。

今後の予想を含めてまとめてみました。

スポンサーリンク

神戸レアンドロが怪我で退団や引退の可能性はある?

名前   :レアンドロ・モンテーラ・ダ・シルバ

生年月日 :1985年2月12日

出身地  :ブラジル・サンパウロ州サンパウロ市

身長   :176㎝

体重   :70㎏

血液型  :A型

所属   :ヴィッセル神戸

ポジション:フォワード


引用元:https://www.vissel-kobe.co.jp/profile/?mode=detail&id=109

レアンドロ選手は地元サンパウロ州のクラブチームでプロデビューしています。

日本のJリーグには、2005年に期限付きで大宮アルディージャに入団したのが最初です。

その後2007年に同じく期限付きでヴィッセル神戸、そして2009年にはガンバ大阪に完全移籍しています。

ですが2009年からはカタールリーグのアル・サッドに移籍し、一度Jリーグから離れまていますね。

Jリーグに戻ってきたのは2014年の柏レイソルへの移籍によってでしたが、実はその間にもガンバ大阪に期限付きで所属となり活躍してきました。

2015年からは7年ぶりに古巣のヴィッセル神戸に復帰しています。

2016年の活躍は素晴らしく得点王にもなるほど好調だったのですが、2017年2月25日の清水エスパルス戦で怪我をしてしまいました。

気になる怪我の状態ですがとても悪く”左ひざ前十字じん帯損傷および外側半月板損傷により全治6か月”と診断されています。

それも手術をしなければならないというではありませんか。

その後にリハビリもすることになるので、果たして6か月で復帰できるかとても心配ですね。

そういえば2009年のガンバ大阪時代にも、浦和レッズ戦で左足ハムストリング肉離れに怪我をいており長期間試合に出れない時がありました。

その後は怪我に泣かされることもなく活躍してきただけにとても残念です。

現在レアンドロ選手は怪我の治療のためブラジルに一時帰国していますが、こんなコメントを出しています。

今回のケガにより、手術、治療の為前半戦、チームを離れる事になりました。3月4日に迎えるホーム開幕戦でチームに帯同することも考えましたが、一日でも早くケガを治す事を優先しました。治療期間、チームに何も貢献できない事、本当に悲しい気持ちでいっぱいです
「ただ同時に、暖かい声をかけてもらい、私を支えてくださるサポーターの皆様の存在に、本当に感謝しています。そんな想いを胸に、手術、治療、リハビリに向き合い自分自身のベストを尽くし、ケガをする前よりも強くなって戻ってきます。そして、今シーズンのチームタイトル獲得に貢献したいと思います

果たして再び日本でプレーが見られるでしょうか?

こればかりは怪我の回復状態によりますね。

最悪の場合には退団や引退ということになりかねませんが、本人のコメントには”強くなって戻ってきます”とあります。

そう、戻ってくるんです!

私たちにできることは、この言葉を信じて応援し続ける事だと思います。

そんなファンの想いがレアンドロ選手の力となって、再び日本でプレーしてくれることを願っています。

スポンサーリンク

レアンドロの代わりの選手は誰で年俸は?

長期欠場が決まったレアンドロ選手ですが、代わりの選手はいるのでしょうか?

ここですぐに名前が上がってくるのがルーカス・ポドルスキ選手だと思います。

ルーカス・ポドルスキ選手はの元ドイツ代表だったんですが、現在はトルコリーグのガラタサライで活躍しています。

その選手がヴィッセル神戸と移籍が合意していたんですね。

もちろんガラタサライは退団となるのですが、どうやら以前から交渉を続けていたようです。

トルコ紙「アクサム」の記事によると、

ポドルスキは今日チームメートに別れを告げ、日本でキャリアを続ける

となっています。

そして移籍時期は夏を目指しており、これはトルコリーグの終了を待っての事のようです。

本当に移籍ですか? 

決定したの?

そんな声が聞こえてきそうですが、ヴィッセル神戸は3月2日に正式な発表をおこないました。

ですから完全移籍となり、日付も6月1日で決定といわれています。

ルーカス・ポドルスキ選手

ルーカス・ポドルスキー
引用元:http://syuu9.jugem.jp/?eid=1293

名前   :ルーカス・ポドルスキ

生年月日 :1985年6月4日

出身地  :ポーランド・グリヴィツェ

身長   :182㎝

体重   :83㎏

所属   :スュペル・リグ・ガラタサライ(トルコ)

ポジション:フォワード(左サイドハーフ)

そうそう、気になるのが年俸ですよね。

2年半の契約で1900万ユーロ(約23億円)ということなので、年俸にしたら9億円になります。

そして現在在籍しているガラタサライは270万ユーロ(約3億2400万円)の移籍金を受け取るのだそうです。

すごい年俸ですが、ガンガン活躍してほしいところです。

期待したいですね。

そのルーカス・ポドルスキ選手のフィギュアを発見しました。

何気に…オススメ!


ルーカス・ポドルスキ ドイツ代表 ホーム サッカースターズ【サッカーフィギュア】【サッカー サポーター グッズ】

まとめ

今回はヴィッセル神戸のレアンドロ選手の怪我についてでした。

サッカー選手にとって脚の怪我は選手生命にかかわるほど怖いものだと思います。

もちろん他のスポーツ選手でも同じです。

だからこそ思うんですが、完全は予防法ってないものですかねぇ。これをやっておけば怪我をしないよっていう方法。

多くの選手が怪我によって大変な思いをされたり、引退に追い込まれるのを見るとそう思わずにいられません。

せめて体力の限界まで続けさせてあげたいと思うのは、夢を見ているのと同じなんでしょうかね。

神戸ルーカス・ポドルスキの経歴!プレースタイルや年俸動画まとめ 

スポンサーリンク 記事下
スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする