真鍋大度のプロフィールと経歴は?出身高校や結婚して嫁はいるの?  

こんにちは、ぶろじんです。

今日の話題はメディアアーティストの真鍋大度さんについてです

真鍋さんと言えばあのPerfumeの演出でも有名な方で、浅田真央さんや羽生結弦さんの演出にも参加しました。

リオ五輪でもセレモニーで独特な光りの演出を手がけました。ご覧になった方も多いと思います。

その真鍋さんについてプロフィールから結婚までを調べてみました。

スポンサーリンク

真鍋大度のプロフィールと経歴は?

名前  :真鍋大度(まなべ だいと)

生れた年:1976年

出身地 :東京都

現職  :株式会社Rhizomatiks代表、プログラマー、デザイナー

写真
引用元:http://www.asakyu.com/column/?id=1475

真鍋大度さんの父親はジャズベーシストで、母親はエンジニアとしてシンセサイザーの音色を作成する仕事に就いていました。

すでにこの環境からも音楽に関わった道に進む進むことが予想できそうですね。

中学と高校のときは数学が得意で、全国的にも上位にいたと言います。

将来は数学の道に進もうと東京理科大学理学部数学科に進学するのですが、卒業が間近になったときに数学の道をあきらめます。

その理由は10代のころから音楽関係やプログラミングの仕事をしたいという思いがあり、数学で生きてく覚悟ができていなかったからでした。

私などは普段は加減乗除くらいしか使いませんので、好きですがあまり得意ではありません。

数学って本当に奥が深くて、なんか哲学のように感じることもあります。

正直なところ数学者の計算式などを見ると意味などまったく分からず「なんじゃこりゃ??」状態ですからね。

卒業後はシステムエンジニアとして就職するも、友人からの誘いでベンチャー企業へ転職します。しかし、その会社も倒産してしまいます。

そして自分を見失ってしまった真鍋さんはプータローのような生活をしていたと言います。

その時に岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー(IAMAS)のことを知りDSPコースに入学しました。ここで現在の仕事の基礎といえるアイディアや技術を磨くことになるのです。

また、2006年には自分の会社である株式会社Rhizomatiks(ライゾマティクス)を設立しました。

スポンサーリンク

数学が得意な真鍋大度の出身高校とは

ところで真鍋大度さんは数学が得意だったみたいですが、高校ってどこなんでしょうね。

その高校なんですが、情報がありませんでした。

でも数学が全国でも上位といったら偏差値も高そうですね。やっぱり有名な進学校だったかもしれません。

進学校と言えば関西では灘中学校・高等学校なんでしょうかね。とても私が入れるような学校ではありませんが。

そして東京では開成中学校・高等学校などがありますが、こちらも私にはハードルが高いですね。

イメージ的にはハードルの高さが10メートル位ありそうです。絶対に無理そう…というやつです。

そうそう、ちなみにハードル走につかわれるハードルの高さですが、106.68㎝あるとのこと。(←何かこれでも十分に高いなぁ)

いずれにしても有名な進学校だったのではないでしょうか。

真鍋大度は結婚して嫁はいるの? 

そんな真鍋さんですが結婚はされたいるのか調べてみました。

どうやら結婚はされていないようです。

ですが、以前に振付師のMIKIKOさんと噂になったことがありました。

_manabe-mikiko-thumbnail.jpg
引用元:http://www.sensors.jp/post/rio-manabe-daito-mikiko.html

以前からのビジネスのパートナーでもあり、一緒に仕事をしたことから話題になったのかもしれません。

まぁ彼女がいてもおかしくない年齢でもありますので、そんな噂があっても普通ですね。

実際に彼女がいるかはわかりませんが、突然に結婚なんて情報が出てくる可能性はありそうです。

それはそれでおめでたいことだとですので、その時は祝福したいと思います。

振付師MIKIKOのプロフィールや結婚は?Perfumeとダンス指導で不仲に?

まとめ

今回はメディアアーティストの真鍋大度さんについてでした。

どんな分野でもそうなんですが、いくら面白い発想があって実現できたとしても、需要がなければ日の目を見ることがないのが現実です。

これってとても残念なことですよね。

なのでこれからは、それを実現する環境が必要になってきそうです。

きっとこれからも多くのクリエイターが出てくることでしょう。その彼らのためにも環境が整っていく事を願ってやみません。

スポンサーリンク 記事下
スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする