岡寛恵のwiki経歴と結婚や彼氏は?女優を諦めかけた出来事とは何?

こんにちは、ぶろじんです。

今日の話題は女優の岡寛恵さんについてです。

声優としても活躍されていて、バイオハザードの主演女優であるミラ・ジョヴォヴィッチさんの吹き替えをしている方で有名ですね。

なので、どちらかと言えば声優のイメージが強いかも知れません。

その岡さんのプロフィールや経歴の紹介と、事故で大けがを負っていた過去や現在について調べてみました。

では見ていきましょう。

スポンサーリンク

岡寛恵のwiki経歴とプロフィール

本名  :岡寛恵(おか ひろえ)

生年月日:1969年6月8日宏

出身地 :東京都

身長  :164㎝

体重  :47㎏

血液型 :O型

出身校 :東京都立小松川高等学校から堀越高等学校に転入卒業

趣味特技:民謡歌唱、英語(英検準1級)、水泳

所属  :文学座


引用元:http://www.bungakuza.com/member/prof/oka-hiroe.htm

岡寛恵さんは幼少のころから芸能界に入りたいと思っていたそうです。

女優を目指そうを思ったのは小学5年生の時で、劇団ひまわりに入りたいと親に頼むのでした。

父親が大反対であったものの根気負けして、成績が下がったら辞めるという約束で許してもらいます。

デビューはNHK教育テレビ「明るい仲間」でした。

その後も東芝や旭化成のCMやドラマにも出演しています。さらに1983年の映画「時をかける少女」では映画デビューを果たしました。

1985年におこなわれた「’86ミスヘアコロンイメージガールコンテスト」では準グランプリになっています。

これがきっかけとなって再び芸能活動を再開します。そしてこの時に初めて芸名をもらうのでした。

芸名は岡谷章子(おかや あきこ)に決まるのですが、その時の心境をこう語っています。

 

実はこの名前を初めてマネージャーから聞かされた時、

ショックで思わず涙があふれてきてしまいました。

「シブすぎるーっ!」と、当時16歳の私は思ってしまったのです。

引用元:http://heebows.web.fc2.com/profile.html

ただ、アイドルになるんじゃないんだからと言われ、素直に納得したんだそうです。(笑)

その後も仕事は順調に増え、NHKの「はね駒」やテレビ朝日の「大都会25時」など多くのドラマにも出演することになります。

さらにこの頃はラジオのDJもやったりして、3年間は忙しいときを過ごします。

女優を諦めかけた出来事とは何?

ところが19歳の時にある不幸が襲います。

事故で顔に大けがを負ってしまい、芸能活動は休止に追い込まれてしまいました。

ですが岡さんはここで諦めなかったんですね。

証券会社のOLを経験したり、英語を勉強しようと専門学校に通い英検準1級の資格をとったりするのでした。

その間には形成外科手術を5回も受けています。さぞかし辛い時期を過ごしてきたことでしょう。

それでも心が折れなかったのは、ポジティブな考えを持っていたからだと思います。

そして、ついに新しい一歩踏み出すことになります。

「本当にやりたいことはこんなことじゃない。

このまま俳優になる夢を捨てちゃっていいの?

長いブランクなんて気にすることじゃない。

また1から勉強すればいいんだから!」

引用元:http://heebows.web.fc2.com/profile.html

舞台俳優をめざして1995年には文学座研究所に入り、2000年からは座員となって活動を続けてきました。

現在は女優としてだけでなく、声優としても大活躍ですね。

特に洋画や海外ドラマの吹き替えには欠かせない声優になっています。

結婚はしてる?彼氏はいるの?

そんな岡寛恵さんですが、ご結婚はどうなのでしょうか?

岡 寛恵 (Heebow)
引用元:http://heebow.blog31.fc2.com/

情報がなさそうですので、まだ結婚はされていないみたいですね。

彼氏はいらっしゃるのかも知れませんが、今後喜ばしい発表があればいいなぁと思っています。

芸能界は出会いも多そうなので、良いご縁がありますように。

まとめ

今回は女優の岡寛恵さんについてでした。

事故で大けがをするという最大の危機を克服してきた岡さんは、きっと芯の強い女性なんでしょうね。

ちゃんと目標を持ち、それに向かって進んでいくところは見習いたいものです。

諦め癖がついてしまうと全てが中途半端になってしまいますから、そうならないように一つずつ達成しましょう。

な~んて、偉そうに言えませんが私も頑張りますよ。

スポンサーリンク 記事下
スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする